ライフスタイルを素敵に演出する家具・家電・雑貨を紹介します

menu

Architerials.jp

金属製中空用ボードアンカーの抜き方・外し方を画像と動画で解説

removeboardanchor0

賃貸物件からの退去時にボードアンカーを外す必要があったので、画像と動画を撮りました。
外すのは困難と言われていますが、意外と簡単に外すことができます。
できるだけわかりやすく解説します。

中空用ボードアンカーの外し方手順の解説

ボードアンカー
中空用ボードアンカー(金属製)です。
壁の内側(ボードの裏側)で3本の脚が開いてがっちりと固定されています。
ボード用のアンカー類で最も耐荷重が大きいタイプなのでよく利用されます。

ボードアンカーを外すのに使用する工具
使用する工具は、金槌、ペンチ、マイナスドライバーです。
これに、ボードアンカーで使用されていたネジを使用します。
(マイナスドライバーは、傷がついてもよい金属製の定規などで代用できます)
ボードを傷つけないようにできるだけ丁寧な作業を心がけましょう。

ボードアンカー撤去前
ボードアンカーの拡大写真です。
こいつを外します。

それでは手順を解説します。


 

1. ボードアンカーにネジを取付ける

ボードアンカー撤去手順
ボードアンカーに使用していたネジを、ボードアンカー本体に取付けます。
写真はインパクトドライバーを使用していますが、別に使用する必要はありません。
手で少し回して差し込むだけで十分です。

2. 金槌でネジを(優しく)たたく

ボードアンカー撤去手順2
金槌で優しくたたいて、ネジを少しだけ押し込んでください。
開いていた中の脚の部分が少しだけ元に戻って、アンカーに遊びができます。
あまり強くたたくとボードごと抜け落ちて、直径3センチぐらいの穴が空きますwので慎重にやりましょう。
※ 記事の下の方に、どのぐらいたたいても大丈夫なのか動画をアップしていますので参考にしてください。

3. ネジを引っ張ってボードアンカーを少しだけボードから浮かす

ボードアンカー撤去手順3
ネジの頭をペンチで少しだけ引っぱりましょう。
ボードアンカーのツバの部分を壁から浮かせて、マイナスドライバーの先がツバと壁の間に入り込むぐらいになればOKです。
ここでも、あまり勢いよく引っ張りすぎると、ボードごと抜けて直径5センチぐらいの穴が空きますwので慎重にお願いします。
この段階で、ツバをペンチではさむことが出来るぐらいボードアンカーを引き出すことが出来ていたら、次の「4.」と「5.」の作業を飛ばして「6.」に行ってもらって結構です。

4. ボードアンカーのツバと壁の間にマイナスドラーバーを差し込む

ボードアンカー撤去手順4
ツバの裏側にマイナスドライバー(あるいは薄くて固くて平たい金属板など)を差し込みます。

5. マイナスドライバーを差し込んだまま、金槌でさらにたたく

ボードアンカー撤去手順5
マイナスドライバーを左手でキープしたまま、金槌でネジをたたいてさらに押し込みます。
今回はマイナスドライバーが力を受け流してくれますので、先ほどより強めにたたいても大丈夫です。


ボードアンカー撤去手順5.5
ネジを押し込む長さについてですが、最初にネジを取付けた状態から15mmほど押し込めれば十分です。
あまり押し込みすぎるとこの後の工程がやりにくくなってしまいます。
写真はネジをたたいて十分に押し込んだ後の状態です。

6. ペンチでツバをつまみ、ねじ切るようにして本体からツバを取り外す

ボードアンカー撤去手順6
ここまでの作業が下準備のようなものです。
ネジの頭を再びペンチで軽く引っ張ってみてください。
ボードアンカーのツバをペンチでしっかりとはさめるぐらいボーボアンカーが引き出せていればOKです。
よければ、ボードアンカーに差し込んだネジを外します

ボードアンカー撤去手順6.5
ペンチでボードアンカーのツバの部分をしっかりとはさみ、ボードアンカーを中心にしてねじ切るようにペンチを左右に廻してください。
ツバの部分が「カチッ」という音をたててボードアンカー本体から取れればOKです。
「カチッ」という音は3回鳴ります。(商品によっては違うかもしれません)
ねじ切る際には出来るだけ壁紙を傷つけないように丁寧にやりましょう。
※ 写真は壁紙を傷つけてしまったダメなパターンですw

ねじ切り方にコツがいるので、記事の下に動画をアップしています。参考にしてください。

7. ボードアンカー本体を壁の後ろに落とす。

ボードアンカー撤去手順7
ボードアンカーのツバの部分を取り外した状態です。
本体が少し飛び出ていますが、ドライバーなどで押し込んでやれば壁の裏側にポトリと落ちます。

ボードアンカー撤去手順完了
無事に取り外すことができました。
作業自体は慣れてくれば1箇所2分程度です。
あとは、石膏ボード補修材などで、残った穴を補修すれば完了です。
補充材は真っ白なので、壁紙が汚れていて補修後が目立つ場合は、わざと汚れた雑巾などでこすってやれば目立たなくなります。

解説は以上です。
 

参考動画

金槌でネジを(優しく)たたく(参考動画)


「2.」の工程で、金槌でボードアンカーに差し込んだネジを押し込む時の参考動画です。
ボードの厚みによっては割れてしまうこともあると思うので、自己責任でお願いします。

ボードアンカーのツバをねじ切る(参考動画)


「6.」の工程で、ボードアンカーのツバをペンチでねじ切るときの参考動画です。
ボードアンカー本体を中心にして左右に廻しながらねじ切ります。
 

 

安い石膏ボード補修材はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ